自費出版の魅力は、「だれでも本を書ける」ということです。
昔は、商業出版が中心で、収益が得られないので、個人で出版したいと言っても、なかなか引き受けてもらえませんでした。
今では、自費出版を引き受けてくれる出版社が、たくさんあります!
本の内容によって差はあるでしょうが、費用があればだれでも出版できるのが、自費出版の魅力です。

スポンサードリンク

自費出版の費用と魅力

出版社や、出版したい本によって、費用は異なってきます。
数十万円でできるものもあれば、数百万円かかるものもあります。
決して安い物ではありません。
けれど、がんばればどうにかなる金額です。

本をどうしても出したいと、熱く燃えている人には、自費出版は、とてもよい方法です。

自費だからこそ、好きな物をつくれます。
これも魅力です。
商業出版だと、編集者が「このような本を作ってくれ」と意向を示してきます。
出版社からお金をもらっているので、編集者から希望を聞いて本を書かなければなりません。

しかし、自費出版にはそのようなことはありません。
好きなことを書くことができるのです。
もちろん、締切のような時間の制限もないので、好きな時に書けるのも魅力です。

ほかにも、起業家にとって、自費出版は意味のあるものです。

自分が書いた本が書店に並んでいることを伝えると、周りから安心感を得ることができるのです。宣伝効果もあります。

顧客を得るだけでなく、業者との付き合いもスムーズになったりします。
起業家の中に自費出版をする人が多いのは、このような理由によるのです。

スポンサードリンク

▲このページのトップへ