書店に置く

自費出版をしても、それが自分のためだけなら、書店に並べる必要はありません。
けれど、多くの人に読んでもらいたいなら、書店に流通させなければなりません。

スポンサードリンク

個人で頼んでも、本屋さんに置いてもらうことはできません。
ですから、出版社と最初に契約する時に、書店に並べることも頼まなければなりません。

今は、一般の書店だけでなく、オンライン書店にも流通させることもできます。
最近では、一般より、オンライン書店の方が、手間が省けるので人気があります。
多くの人が利用するオンライン書店にも流通してもらうようにした方が良いでしょう。

本の流通の仕組みは、出版社から、問屋と言われる取次店、それから書店におろされ、最終的に読者の手元に届きます。
つまり、出版社を通さなければ、本を書店に並べることができないようになっているのです。

また、本は、書店に置かれていても、売れなければ返却されるという、委託制がとられています。
流通させる部数が多いほど、多くの人の目に触れるチャンスも増えますが、取次店が、部数を決めるので、自分の希望通りにいくわけではないということを覚えておきましょう。

書店のどこに並べるかも、書店次第です。
目立つ場所に置いてもらえるかどうかは、わかりません。
また、印刷した冊数すべてが、いきなり書店に並ぶと言うわけでもありません。

その場合は、出版社が保管します。
この場合は、保管料が発生しますので要注意です。
保管料は、自費でまかなわなければなりませんから!
1年ごとに保管料をとる出版社もありますから、保管料についても最初に確認しましょう。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

ブログ本の人気の秘密
最近良く見るのが、ブログ本です。 自費出版の中でも人気があります。 ブログとはつ......
ライティングサービス
本を書くために、大切な能力は、ライティング能力です。 個人で出版する時にも、読む......
著作権について
念願の自費出版。 大切なのは、著作権です。 初めて本を出版する人も「著作権」とい......
オリジナル絵本の魅力
絵本ブームの昨今、子どもだけでなく、大人も絵本を読む人が増えました。 たくさんの......
校正の大切さ
自費出版の時に、大切なポイントが校正です。 商業出版の場合は出版社が校正をします......
遺稿集や追悼集
亡くなった人のことを偲んで、遺稿集や追悼集がよく作られます。 これを自費出版する......
オリジナル写真集
自費出版をしたいと思ったら、中でも比較的気軽く作れるのが写真集です。 書籍とは違......
印税とは
印税とは、本が売れた場合、自分の手元に入ってくるお金のことです。 自費出版では、......

▲このページのトップへ