印税とは

印税とは、本が売れた場合、自分の手元に入ってくるお金のことです。

スポンサードリンク

自費出版では、50%の印税と言われています。
つまり、1000円の本が1冊売れると、500円印税が得られるということです。

新人作家の印税は、3〜10%と言われていますから、50%は、大きな数字です!
商業出版とは違い、自費出版は個人がすべての費用を負担するので、出版社が負担する費用は少なくなります。
そのため、印税の占める割合が大きいのです。

しかし、受け取った印税のすべてが、自分のものになるわけではありません。

自費出版して得た印税は、個人の収入になりますから、「所得」となります。
つまり、源泉徴収所得税が引かれます。
それは、印税の総額の10%です。
印税から所得税が引かれ、消費税が加算された金額が、手元に届きます。

確定申告をすれば、払いすぎた分を戻してもらえます。

自費出版をするときには、所得税の管理は出版社がしてくれます。
印税から所得税を引た金額を、出版社が預かっておいてくれるのです。

本を出版するときに、最初に印税の所得税に関しても、確認しておいた方が無難でしょう。

しかし、費用の面から言うと、自費出版の場合に、印税でかかった費用すべてをまかなうのは難しいと言われています。
印税ですべての費用をまかなうためには、値段にもよりますが、5000部の本を売らなければなりません。

共同出版などの場合には、宣伝費は会社が負担するので、印税が5%以下になることもあります。
あまり、印税の期待はしない方が、がっがりしないでよいと思います。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

ブログ本の人気の秘密
最近良く見るのが、ブログ本です。 自費出版の中でも人気があります。 ブログとはつ......
ライティングサービス
本を書くために、大切な能力は、ライティング能力です。 個人で出版する時にも、読む......
著作権について
念願の自費出版。 大切なのは、著作権です。 初めて本を出版する人も「著作権」とい......
オリジナル絵本の魅力
絵本ブームの昨今、子どもだけでなく、大人も絵本を読む人が増えました。 たくさんの......
校正の大切さ
自費出版の時に、大切なポイントが校正です。 商業出版の場合は出版社が校正をします......
遺稿集や追悼集
亡くなった人のことを偲んで、遺稿集や追悼集がよく作られます。 これを自費出版する......
書店に置く
自費出版をしても、それが自分のためだけなら、書店に並べる必要はありません。 けれ......
オリジナル写真集
自費出版をしたいと思ったら、中でも比較的気軽く作れるのが写真集です。 書籍とは違......

▲このページのトップへ