オンデマンド出版とは

オンデマンド出版というものがあります。
これは、電子書籍と自費出版をあわせたものです。
本の内容をデジタル化してコンピュータの中に保存し、必要な時に必要な部数だけ印刷して製本するというものです。

スポンサードリンク

一度に大量の本を印刷するよりも、一冊あたりの費用は高くなりますが、個人で在庫を抱える必要がないのと、売り切れを防ぐこともできるので、大変人気のある出版方法です。

自費出版でたくさん本を出版しても、売れずに在庫になることは、たくさんあります。
いきなり本屋さんに自費出版の本がならんでも、実績がなければ、なかなか手にはとってもらえないでしょう。

オンデマンド出版は、インターネットで本の紹介をしています。
インターネットだと、宣伝費もかからず、個人の負担もありません。

出版社も在庫を抱えなくてすむし、必要部数だけ発行するので、手間も費用も省け格安です。
オンデマンド出版は、自費出版の方法の一つとして、多くの会社が取り入れている方法です。

しかし、デメリットもあると言われています。
それは、できばえ。
印刷技術が、通常の自費出版に比べ、劣ってしまうのです。

文字にはそんなに大きな影響はありませんが、特に写真などの画質が劣ると言われています。
ですから、せっかく出版しても、完成した本に不満を持つ人もいるようです。
せっかく自費出版するなら、オンデマンド出版は避けたいという人もいます。

格安で手軽に出版するか、それとも、本の完成度にこだわるか。
希望に合わせて、慎重に決めた方がよいですね。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

電子書籍
自費出版の形も多様化してきました。 その理由の一つに、パソコンやインターネットの......

▲このページのトップへ