自分史を出してみる

自費出版の中の人気が、「自分史」です。
自分史とは、今まで自分が生きて来た証しです。

スポンサードリンク

今までにあった出来事を、ただそのまま書いていけば、完成です。
日本史や世界史と同じですね。

何気なく歩いて来た道も、振り返ると意味があったり、おもしろいこともたくさんあります。
それを残すために、記念として自分のための本を作る人が、実はたくさんいるのです。

年をとれば取るほど、多くの歴史があるのは当たり前。
けれど、その分、古い歴史(記憶)が、曖昧になってしまうのも確かです。

自分のためだけに残す自分史なら、生まれた時から順番に、歴史を細かく刻んでも面白いかもしれませんが、人に読んでもらうためには、それでは、メリハリがなさすぎます。

だいたい、他人の人生の細かい年表には、あまり興味はわきませんよね。
ですから、個人的なことがらより、人生の中で記憶に残っていることを、いかに上手に相手に伝えるかが大切です。

自分らしさが表現できていれば、読む人も「あの人らしくておもしろいね」と思ってくれます。
伝えたいところだけ詳しく書くことが、自分史を書くコツです。

気になる費用ですが、部数によっても変わります。
個人で出版すると、10部単位で費用が変わることもありますから、どれだけの人に読んでもらいたいかを、前もって考えておいてください。

もし、書店に並べて多くの人に読んでもらいたいなら、部数もページ数も、ある程度は必要になってきます。

スポンサードリンク

この記事のタグ

▲このページのトップへ