エッセイを書く

自分でエッセイを書いて、それを自費出版する人もたくさんいます。
書店に並べたいというより、「今、感じてることを書き留めておきたい」。
そう考えて自分のために書く人が多いみたいです。

スポンサードリンク

小説より書きやすいので、結構多くの人が、エッセイを書いています。
エッセイは、日記感覚です。
日々の生活から感じたことなどを文にまとめたものです。

でき上がった本は、個人の記録として記念になるのはもちろんですが、親へのプレゼントにしたりする人もいます。
ずっと育ててもらって、何回もけんかして、感謝してるけど、伝えられないこともあって...。
そんな出来事を、自分の気持ちを加えながら、本としてまとめるのです。

それを親に感謝の気持ちを込めてプレゼントしたら、親にとっては感涙もの。
一生の宝になるでしょう。

エッセイを自費出版するためには、ページ数や部数で値段が変わります。
これは、小説と同じです。

プレゼントしたり、記念のために個人用としてだけ使うなら、部数は最小限に抑えればいいでしょう。

10部からOKという会社もありますが、たいていは、30部からを目安にしていますので、ご参考に。
値段もページ数によって変わりますが、だいたい、20万円くらいは必要だと思ってください。

ハードカバーにするかソフトカバーにするかも選べます。
表紙のデザインによっても値段は変わります。

エッセイを本にして親にプレゼントする人も多いので、頼めばプレゼント用の箱を用意して、ラッピングしてくれる会社もあるようです。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

契約するときの注意
いざ、自費出版。 出版してくれる出版社が決まったら、契約を結ばなければなりません......
費用ダウンのために
記念に残る一冊を自費出版したい! けど、予算が...と言う人は多いはず。 無駄な......
自分でできることは自分で
自費出版をしたい人にとって、大切な問題が、費用の問題です。 こんな本を出したいと......
オリジナル俳句集
趣味が俳句の人は、俳句の本を自費出版したいと思うこともあるでしょう。 賞をとった......

▲このページのトップへ