オリジナル絵本の魅力

絵本ブームの昨今、子どもだけでなく、大人も絵本を読む人が増えました。
たくさんの絵本が書店にならんでいます。

スポンサードリンク

そしてもちろん、絵本を自費出版する人もたくさんいます。
絵本と一言でいっても、子ども向けから大人向けと、対象を最初から分けて、対象に合わせて書く人もいます。
自費出版する絵本は、10冊程度から絵本にしてくれ、値段も,格安なのが魅力です。

絵本を作ると言うと、ストーリーから絵まで、すべて自分で書くこともできます。
紙に描いた絵を業者に持って行くと、スキャナーで読み取って、絵本にしてくれるのです。
こうして、オリジナル絵本がつくれます。

絵本は、難しいことばを使わないので、だれにでも書けると思われているかもしれません。
しかし、自費出版するためには、ストーリーと絵と、2つの能力が必要とされるので、実は、大変難しいのです。

ストーリーは書けても、絵はかけないという人もいるでしょう。
プロでない限り、なかなか、絵だけを描いてくれる人を見つけることはできないでしょう。
だから、周りの知り合いに個人的に頼んだりするしかありません。

イラストレーターを探したり、会社で絵を描く人を用意してくれるとしても、かなり費用がかかるので、要注意です。

もし、自費出版する絵本を書店に並べるつもりがないなら、たとえ絵が苦手でも、記念として自分で絵を描いてみてはどうでしょうか。
本当にオリジナルの絵本になり、よい記念になるでしょう。

最近では親がストーリーを書き、子どもが絵を描くと言う、合作の絵本を自費出版する人も増えています。
親子の記念ですね。

子どもの成長を刻む、一生の宝になる一冊になること、間違いなしです。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

ブログ本の人気の秘密
最近良く見るのが、ブログ本です。 自費出版の中でも人気があります。 ブログとはつ......
ライティングサービス
本を書くために、大切な能力は、ライティング能力です。 個人で出版する時にも、読む......
著作権について
念願の自費出版。 大切なのは、著作権です。 初めて本を出版する人も「著作権」とい......
校正の大切さ
自費出版の時に、大切なポイントが校正です。 商業出版の場合は出版社が校正をします......
遺稿集や追悼集
亡くなった人のことを偲んで、遺稿集や追悼集がよく作られます。 これを自費出版する......
書店に置く
自費出版をしても、それが自分のためだけなら、書店に並べる必要はありません。 けれ......
オリジナル写真集
自費出版をしたいと思ったら、中でも比較的気軽く作れるのが写真集です。 書籍とは違......
印税とは
印税とは、本が売れた場合、自分の手元に入ってくるお金のことです。 自費出版では、......

▲このページのトップへ