オリジナル写真集

自費出版をしたいと思ったら、中でも比較的気軽く作れるのが写真集です。
書籍とは違うので、文章を書く必要がありません。
また、個人の趣味として撮った写真を集めるので、アルバム以上に記念に残る一冊になるでしょう。

スポンサードリンク

最低部数が10冊という会社もありますから、書籍よりも比較的安く作成できます。
本のサイズによって値段は異なりますが、そんなに大きな差はありません。

撮った写真のデータを会社に送って本を作ってもらいます。
データではなく、ネガや写真そのものだと、別途料金が発生する場合もあるので、確認してくださいね。

最近では、デジカメで写真を撮る人が多いですよね。
その写真を写真集にして残したいという人もたくさんいます。

デジカメは、一眼レフに比べると、どうしても画質が劣ってしまいます。
ですから、写真集のように、拡大すると、きれいに写らないということもあります。

たいていの会社では、きれいな印刷をして仕上げてくれますが、場合によっては、あまりきれいではない画像のまま、印刷されてしまう場合もあるので、最初に確認しておきましょう。

ただし、元通りの画質になるわけではないので、イメージとは異なったものができてしまう場合もありますから、注意が必要です。

これから写真を撮って集めると言う場合には、撮影の相談に乗ってくれる会社もありますから、活用してみてください。

いったいどの写真を選んだらいいかわからないという場合もあるので、きちんと相談に乗ってくれるところを選びましょう。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

ブログ本の人気の秘密
最近良く見るのが、ブログ本です。 自費出版の中でも人気があります。 ブログとはつ......
ライティングサービス
本を書くために、大切な能力は、ライティング能力です。 個人で出版する時にも、読む......
著作権について
念願の自費出版。 大切なのは、著作権です。 初めて本を出版する人も「著作権」とい......
オリジナル絵本の魅力
絵本ブームの昨今、子どもだけでなく、大人も絵本を読む人が増えました。 たくさんの......
校正の大切さ
自費出版の時に、大切なポイントが校正です。 商業出版の場合は出版社が校正をします......
遺稿集や追悼集
亡くなった人のことを偲んで、遺稿集や追悼集がよく作られます。 これを自費出版する......
書店に置く
自費出版をしても、それが自分のためだけなら、書店に並べる必要はありません。 けれ......
印税とは
印税とは、本が売れた場合、自分の手元に入ってくるお金のことです。 自費出版では、......

▲このページのトップへ