契約するときの注意

いざ、自費出版。
出版してくれる出版社が決まったら、契約を結ばなければなりません。

スポンサードリンク

納得してきちんと契約を結ばないと、あとで、トラブルの原因になってしまいます。
費用も、そんなに安くはないのですから、契約を結ぶときには、きちんとした契約書を結びましょう。
難しい内容の契約書の場合には、たとえ個人での出版でも、不明な点はきちんと確認してからサインする必要があります。

契約書の内容には、刊行予定日や製本の様式、制作費や支払い方法など、たくさんの項目が書いてあるので、なかなか理解できないこともあるかもしれません。
わからないところは質問しながら、話し合った内容と相違ないか確認してからサインしてください。

契約書でトラブルになりやすいのが、追加料金に関することと、本の編集に関する問題です。
この2つに関しては、事前にきちんと話し合い、契約書に書かれている内容を確認しましょう。

せっかく自費出版で本を出版するなら、いいものを作りたい!
だれでもそう思うでしょう。
ですから、作っている途中で、ページ数を増やしてしまおうと思い、変更をしてしまったりします。

その結果、追加料金がとられて、契約を結んだ時よりも、多くの費用がかかるということがあるのです。
契約する時には、何をどのように変更すると追加料金が発生するのかも、しっかり確認しておきましょう。

本の編集というトラブルの中で、一番多いのは、「思っていたのとイメージが違う」というものです。
誤植や印刷ミスなど、いろいろな問題も起こりえます。

このような場合に備えて、契約のときには、校正やデザインに関してまで、細かいところも確認して話し合う必要があります。

個人で自費出版をするときには、契約書を確認するのは自分一人です。
しっかり確認してチェックし、不明な点は明らかにして、あとあとトラブルにならないようにしましょう。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

費用ダウンのために
記念に残る一冊を自費出版したい! けど、予算が...と言う人は多いはず。 無駄な......
自分でできることは自分で
自費出版をしたい人にとって、大切な問題が、費用の問題です。 こんな本を出したいと......
エッセイを書く
自分でエッセイを書いて、それを自費出版する人もたくさんいます。 書店に並べたいと......
オリジナル俳句集
趣味が俳句の人は、俳句の本を自費出版したいと思うこともあるでしょう。 賞をとった......

▲このページのトップへ