悪質な手口

自費出版をしたいと、熱く燃える人たちの心につけ込んだ、悪徳商法が横行しています。
だまされないためにも、どんな手口か知っておきましょう。

スポンサードリンク

まずは、過剰な費用をだまし取るというものです。
つまり、本来かかる費用よりも、かなり上乗せした費用を請求してくるのです。

これは、見積もりの時点で気づけば大丈夫です。
悲しいことに、このような出版社はたくさんありますから、気をつけてください。

個人出版だと、いくつかの見積もりを取れば、ほかよりも明らかに高すぎる出版社には気づくのですが、危ないのは、共同出版です。

共同出版の場合、制作費以外に宣伝費がかかるので、若干高くなるのはいたしかたありません。
何も知らなければ納得してしまいますが、実はここに落とし穴があるのです。

自費出版の前には、必ず、何社か見積もりを出してもらい、検討してから会社を選びましょう。
ほかの会社とサービス内容は変わらないのに、あまりにも高いというところは、避けた方がいいですね。

また、架空のコンクールを作って、応募者を募ったりする、かなり悪質なものもあるようです。
最初は審査に通過しても、すべての応募者が最終審査で落選するようになっています。

もちろん、応募者は、全員が落選したとは知りませんから、それからしばらくして、編集者から個人あてに、「残念ながら落選しました。自費出版しませんか」と持ちかけられると、そうしようと思ってしまうのです。

書店にも並ぶと言われて、本を出したい人にとっては、願ってもいないチャンスなので、飛びついてしまうのです。

けれど、いざお金を振り込んだら連絡が取れないというような、悪質な手口もありますから、くれぐれも気をつけてください。

スポンサードリンク

この記事のタグ

▲このページのトップへ