印刷会社で自費出版

自費出版したいと考える人の中に、印刷会社のドアを叩く人もたくさんいます。

スポンサードリンク

印刷会社で自費出版するメリットは、何よりも費用! 安くすむのです。
デザインから製本までを一カ所で行うため、余計な費用はかかりません。

ほかに良い点は、印刷会社は近所にあるということです。
大きな会社も小さな会社もありますが、たいてい、どの地域にも印刷会社はあります。
ですから、印刷会社で個人で本を出したいと言う願いは、たいていの場合かなうのです。

特に地方に住んでいる人にとっては、近くに出版社もなく困る人もいるかもしれません。
そんな人は、印刷会社を利用する場合のがよいでしょう。

反対に、印刷会社を利用するデメリットは、出版社と違い、名前が知られていないということです。
出版社から出版すれば、社名がブランドになります。
ISBNコードもつきます。

もちろん、ブランドがあるから売れるというわけではありません。
個人で出版するなら、ブランド名より費用が安い方を選ぶという人もたくさんいます。

以前は、出版社に比べて、印刷会社の出版物は本の質が良くないと言われていました。
専門スタッフがいないから、というのがその原因でしたが、今では、自費出版にも対応できる編集部のある印刷会社が増えています。

出版社と同じような働きをしてくれる印刷会社もたくさん出てきました。

契約する前に、どのようなサービスがあるのかを確認してみましょう。
同じサービスがあるなら、費用が安い方がいいのでは?
とにかく費用を抑えたい方は、印刷会社での自費出版がお勧めです。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

自費出版の会社選び
自費出版をしたいと思ったら、してくれる会社を選ばなければなりません。 まず考える......
新聞社で自費出版?
新聞社も自費出版を手伝ってくれると聞いて、驚く人もいます。 けれど出版社に比べる......
自費出版専門会社っていいの?
自費出版をしたいと思って、インターネットで調べると、自費出版専門会社が見つかりま......
法的責任を負う覚悟
本を出版する時に発生するのが、法的責任です。 難しい言葉ですが、要するに、でき上......
出版社で自費出版
出版社で自費出版したいと思う人の多くが、専門的な知識のある人につくってもらいたい......
出版社選びのポイント
自費出版でカギとなるのが、出版社選び。 個人で本を出版するのですから、自分の希望......

▲このページのトップへ