自分でできることは自分で

自費出版をしたい人にとって、大切な問題が、費用の問題です。
こんな本を出したいと言う願いはあるけれど、予算があるから思い通りの本は出せないという人もいます。
すべてをプロの出版社に任せれば、費用はかさむばかり。

スポンサードリンク

そこで、自分でできることは自分ですることが大切です。
その一つが、原稿です。

完全原稿、つまり、極力完璧な状態の原稿を出し、すぐに印刷できるくらいの物を用意します。
修正や加筆が多いと、費用がその分かかりますから、誤字脱字はもちろん、文章の校正もしておきます。

数字や日時の統一など、表記の統一にも気をつけましょう。
実はこのミスが一番多いのです。

読み直しても気づかないので、専門家に依頼するくらいですから。
しかし、もちろん依頼すればそれなりの費用がかかります。
ですから、この部分はできるだけ節約したいところです。

また、原稿を入稿するとき、手書きでもOKという出版社もいますが、できるだけ、文章作成ソフトを使っての文字入力がよいでしょう。
OKと言われたからと、手書きにすると、文字入力代がかかってしまいます。

同じように、写真などもデジタルデータにしないと、費用がかかります。
最近ではデジカメを使う人が多いので、デジタルデータとして送りやすくなっています。

つまり、いかに出版社側での作業を減らせるかが、費用ダウンに繋がります。
妥協をすれば、安くできるのは当たり前なのですが、それだけでなく、自分でできることは自分でして節約することも大切です。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

契約するときの注意
いざ、自費出版。 出版してくれる出版社が決まったら、契約を結ばなければなりません......
費用ダウンのために
記念に残る一冊を自費出版したい! けど、予算が...と言う人は多いはず。 無駄な......
エッセイを書く
自分でエッセイを書いて、それを自費出版する人もたくさんいます。 書店に並べたいと......
オリジナル俳句集
趣味が俳句の人は、俳句の本を自費出版したいと思うこともあるでしょう。 賞をとった......

▲このページのトップへ